So-net無料ブログ作成

オーラスへの手組 [雑記]

 


今週のつかさ会は、3月31日土曜日、午後2時30分から


本厚木の雀荘くまちゃんにて。


::::::::::::::::


オーラス前。


オーラスを、2000,3900、ツモで トップ、


という条件にするには


ここで、2600以上の和了が必要だ。


そんなとき、


三四五③④⑥⑥⑦⑧3344


こんなシャンテン。


2や5ソウが入れば、⑦⑧を外して行くつもりが


ダイレクトに3ソウを引いた。


三四五③④⑥⑥⑦⑧33344

⑥を切って、リーチ。
オーラスに向けて、正しい判断。
三色への変化がほのみえていたので、
正直少し躊躇した。
あと、他家の手組を
「さほど、早くない」と、そう感じていたから。
ひとりで、勝手に手牌の成長を止めているのでは?
とか、やっぱり、すぐにそういう風な想念が浮かんだ。
ピンズはよさげだし、
三色への変化(5ソウ引き)を待ってダマにして
一発でツモリでもしたなら、
目も当てられないし、②⑤ダマで1300とか、
もったいないにも程が在る。
ただ、気持ちとしては、
ものすごく5ソウを引きそうだった。
前回、これでもかというくらい引いた5ソウ。
それに、オーラスで2000.3900を望むくらいなら、
ここで、3000.6000に組んだほうがよいのでは?
以前なら、ダマに受けて、
②ツモでも⑤ツモでもフリテンリーチ
三四五③④⑤⑥⑦⑧3334
②⑤はトップ目からはロン和了
他家は見逃し、としていただろう。
目の前のおやつに心を奪われない麻雀を
以前なら打っていた、と思う。
チャンスを先送りしなかった、と思うのだ。
この局は、そういう局なのだ。
一番苦慮しなければならない、勝負局。
数や形をみれば、「そういう変化も拾える選択肢」を
私は、私の麻雀として、持つべきなのだ。
案の定、5ソウを先に引いて、
きもちよく⑤を引いた。
結果論ではなくて
「手牌の可能性を信じる麻雀」
「気持ちの弱さで手牌を殺さない」
そういう麻雀を目指しているのであれば、
わたしのこの
三四五③④⑥⑦⑧33344
リーチは、わたしの麻雀としてはあってはいけない。
何を引いてもピンフ。
13枚役を下地に手役が踊っていた。
にも関わらず、自ら手牌に蓋をしてしまっている。
牌の後先。
どちらの後悔が大きいのか?
ダマにして、②⑤を見逃したりして
親家が爆発したりして
(麻雀的な意味での爆発です。)
もっとひどいめに遭遇するかもしれない。
けれど、可能性を競うゲームで、
自ら可能性を閉ざしていたのでは、
もうその意識そのものが、「後悔」ではないか?
3色を待つこと、は「やりすぎ」かもしれない。
けれど、手牌に希望すら重ねずに
どんな打牌を重ねるというのか?
麻雀を慈しむにであれば、どうなのか?
三四五③④⑥⑦⑧33344
ダマ②ツモ⑤ツモで4ソウ切りフリテンリーチ
やりすぎかもしれない。
けれど、
「とてつもなく和了できそうなフリテンリーチ」だ。
三四五③④⑥⑦⑧33344
このダマに、5ソウを引いて
三四五③④⑥⑦⑧33345
このリーチ。
これも、とてつもなく和了できそうだ。
最高に和了しやすいテンパイのためのシャンテン。
というふうに考えるのであれば。
三四五③④⑥⑦⑧33344
これは、テンパイだけれど、シャンテンのようなものだ。



しのぶんのてきとにっき↓


      ↓



posted by ゆうゆう at nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。