So-net無料ブログ作成

中張牌のトイトイ [雑記]

 


ひさしぶりのつかさ会。


ひさしぶり に知っているひとと打つ。


ポケモンだって進化するのに


ひとの麻雀が進化しないはずがあるまい。


いつもおんなじ、だとおもっていると やけどするよ。


南場。わたくし


上家の三ワン手出しに、四ワンをさき切り。


七ワンアンコウの自分の手格好からして、


四ワンが、本線だったからだ。


そして、上家がリーチ。


四ワンを一発で掴まされる。


「ああ、間に合ってないなあ」


そう感じながら親番を落とすこととなる。


その2局後。


上家である西家がオタ風の東をポン。


割と面前派であるイメージの打ち手が、ポン。


上家である南場の西家の風牌と役牌は、


白、発、中、西、南。


仕掛けた理由を考える。


役牌をすでに重ねているのか、ドラなのか、


いずれにしても、この東の仕掛けは


しかけたほうがよい理由が顕在している。


まず、仕掛けたほうが良い、と打ち手が思っていることは間違いない。


オタ風から仕掛けたなら、役牌はとりにくい、


このことから、考えて、


白、発、中、西、南。


とりにくいであろう役牌、これらの


いずれかがアンコウになっている可能性がある。


なにか2つがアンコウになっていたり、


アンコウのなりやすい牌を抱えている可能性も低い。


なぜなら、上家がスーアンコーが大好きなはずだからだ。(公式)


一番薄い可能性は、上記の役牌を2つもっていること。


東東発発中中 東東南南中中 


など。


この可能性も低い。


なぜなら、鳴かないほうがたくさんの可能性があるからだ。


また、6677などの数の重なりの可能性も少ない。


おた風を仕掛けるということは、


白、発、中、西、南


これらの牌がアンコウになっていて


なおかつ面前から遠い。


もしくは、仕掛ける道中で、手役をさぐるくらい遠い。


このどちらか、ではないか?


そうこうしているうちに発以外の


白、中、西、南


全ての牌が河に打たれた。


これは、8割、発はアンコウじゃないかしら。


発がアンコウで、東。


ホンイツかトイトイをにらんでいた。


けれど、


全体捨て牌の様相からして、


トイトイとなりやすい牌は残っていない。


3枚生きているジュントイツも、字牌も


ほとんど存在しない。


あるとすれば、中張牌のアンコウだけれど、


他家(自分も含む)がタンヤオベースであることを


考えると、こちらも計画倒れな可能性が高い。


二三四六七③④⑥⑥234発


自分はこのシャンテン。


ここに、上家が東を加カン。


私の手牌が仕掛けて新ドラがのり、7700になり、


全面戦争ばっちこーい、な状況になった。


3枚生きている牌がなさそう。


加カンした地点で、


「もう一枚引いて、なおかつ新ドラが欲しい」


そういう手組であって、序盤にスーアンコウがみえていなくて、


なおかつ、発以外の役牌は持っていない可能性が高いのであれば、


ささっても、高得点である可能性は低い。


ここに③を引いて


 二三四六七③③④⑥⑥234発


打発


発がアンコウかも知れないし、


まだ、ノーテンの可能性もある。


高得点が成り難い中張牌のトイトイしかないのであれば、


ここは、マックスに構えて迎え撃つ。


前局の、四ワン振込みが、間に合っていない感を演出する。


間に合ってないなら、なおのこと、間に合わなければ。


この発を切り遅れて、一巡遅れてしまえば


ロン牌になる可能性もでてくる。


こちらがテンパイするまで、相手がノーテンでいてくれるとは


限らないわけだから。


発を切ったなら


七七七55中中中発発  ポン東東東


ささった。


七ワンとか、おれ一枚使ってるし、


他家も使ってそうだけれど、


そこにアンコウになっているのね?


よしんば、東東中中発発


となっていたとして、東から仕掛けると


中と発での和了が高得点のマストな条件になる。


けれど、中と発は役牌であるという性質


(3枚集まってひとつの役になる、という性質)


を信じて、東から仕掛けるというのは、


(自分は、間に合わないと感じているときは、よくやるけれど


そうでないときは、ツモッてくる牌に訊ねる。)


なかなか、もったいなくて、できない、と思うのだ。


メンホンチートイや、さんあんこーを瞬殺してしまうから。


このトイトイって、


仕掛けて形をつくっていく


建設の食い仕掛けってヤツじゃないかしら?


こういう手組を戦術としてお持ちであるなら、


それなりの応手が必要だ。


次回からは、字牌は一切止めない、でおく。


建設する材料を先に枯らせてしまうのだ。


字牌を止めておいて、巡目が深くなって外すことは、


他家に字牌が重なることを待って、鳴かせてあげていることと同じ。


自分の手牌が成長するまで、他家の手牌が成長しないで


待っていてくれるなんてことはないのだから。


字牌の捌きは、対局相手の食い仕掛けの性質によって、


内容を使い分ける必要がある、と思うのだ。


まあ、いずれにしても、上家がオタ風から仕掛けても


値段の在る手組を建設できる打ち手だった、


ということだろう。


もともと面前の高得点は多い打ち手だから、


高得点の仕掛けを組めてもおかしくはない。


持っている対人データを上書きする必要がある。


建設の食い仕掛けは、面前の形を破壊して、


そこに新しく手組を構築する麻雀。


この場合も、もしかしたら、


七七55東東発発中中??


などという、面前の理を破壊して


トイトイを構築した、のかも知れない。


とにもかくにも、仕掛けて手役を組む相手には、


建設の材料を予め破壊しておけば、


(チャンタを使用しない限り)


そうそう簡単に、高得点へリカバリーできるものではない。


 てきとうねこ.jpg


しのぶんのてきとにっき↓


      ↓



posted by ゆうゆう at nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。