So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

奇跡しかない。 [雑記]

 



一二三五六七⑥⑦5699北
ピンフだ。
何を引いてもピンフ。
13枚役を下地に手役が踊る。
そして、他家の仕掛けで、おそらくラス牌と思われる
⑤ピンが飛び込んできた。
一二三五六七⑤⑥⑦5699
7ソウ
7という数字。
開局時にひっかかった数。
ノータイムでリーチを打つ。
リーチ後一発目のツモは5ソウ。
この5ソウに強烈な違和感を感じる。
一二三五六七⑤⑥⑦5699
つもれない終局間近、他家の仕掛けで
ハイテイがまわってきた。
いるはずだ。
7ソウ。
いなくても、もし、いなくても
次の局も同じくらい大事に打つ。
次の局もその次に局も、自分の最後の麻雀まで
大切に打つ。
7ソウツモ。
3000、6000.
ピンフ+三色。
サイコロが振られて、牌山が割れた
その瞬間から、7ソウは一番深いところで、
待っていてくれた。
偶然だ。
偶然だけれど、必然と思いたくなる偶然。
麻雀は確率だ。
確率だけれど、時たま確率を越えた、
奇跡や魔法がこぼれおちる。
私は麻雀のそういディスティニー的なところが、大好きなのだ。
と、痛感したくせに、その南3局に、
超えられない確率の説得力に抗えなくなる。




しのぶんのてきとにっき↓


      ↓



posted by ゆうゆう at nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。